keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
最近は作品を大切にした福岡の出会い
福岡

最近は作品を大切にした福岡の出会い

見始めてみるととても面白かったですが、最近は90分以上の短い作品だったのであっという間に終わりました。

エンディングテロップが再生されます…

福岡の出会い以上です!

福岡で自然に出会いができる”お一人様OK”のバーや、酒場、マッチングサイト、習い事で見つけたり、神社で祈願するのがトレンド

ロブライナー監督の作品!

それは面白いはずです。

30年前にライナーが監督した作品を思い出しました。

30年前の作品、クリスとゴーディの友情物語と重なっているような気がしました。

(テディとバーンは出ません)

懐かしくて得た感じ。福岡の出会い

「関ジャム」

 

私は音楽が大好きですが、音楽のバックグラウンドがなくても楽しいプログラムです。

音楽のバックグラウンドを持っている人や実際に音楽をやっている人はどうですか?

それは音楽のバラエティ番組ですが、それは電子電話、あるいは楽しい音楽教室のように感じます。

日曜日から月曜日までの日をまたぐタイムゾーンよりも少し早くOAを行う方が良いと思います。

NO LIFE NO MUSIC

市川恵比寿」

 

また、大河ドラマ「直虎:城の淑女」ラージエンド。

ドラマ自体はそういうものです…

しかし、信長=海老蔵が出たとき…

言えない緊張感があります。

魔王=信長だからですか?

えびぞうそのものだと思います。

オードリー・ヘップバーン ”

 

福岡の出会いオードリー・ヘプバーン主演の「ローマの休日」撮影の秘話に関する番組。

この作品が彼女の傑作と呼ばれていることに異論はありません。

しかし、「サブリナ」「午後の愛」「シャレード」など、面白い作品は他にもたくさんあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です