keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
本来勝手に、山形の出会いがある
未分類

本来勝手に、山形の出会いがある

彼らは森林破壊や工場建設に大反対だし、人工中絶にも遺伝子操作にも大反対である。

いやまァ、どんな意見を持とうと個人の勝手だからべつにいいのだけれど、こういうのを見聞きするたびにいつも思う。

「自然」っていったい何なのだろう。

人類だって自然の一部なのだから、人間がやることなすこと全て自然の範疇なのではあるまいか。

山形の出会い
「いや、地球本来の姿こそが自然なのだ」と反論されるかもしれない。

だが、それを言うなら、生命の出現そのものが自然を損なっていることになる。

もともと精悍な岩肌に覆われていた地球を、植物めが勝手に覆い尽くしてしまったのだから。

山形の出会い
「そうではなくてバランス・調和の問題だよ」とおっしゃる向きもあるだろう。

山形の出会いだとしたら、かつて恐竜の絶滅を招いたとされる隕石衝突なんかはどうなるのか。

隕石の衝突は自然の摂理に反する!

なんて言いはじめたら、それこそワケが分からないではないか。

地球の環境を変える力を持つのは、なにも人間だけではない。

それをいうならビーバーだって、川にダムを作るなど自然破壊もいいところである。

人類は環境を変える力がずば抜けて高くなったけれども、あくまで程度の差であって、つきつめれば質的な違いではない。

それに、アフリカなんかの飢餓難民はどうすればいいのか?

特定の地域に大量発生した種は絶滅するのが自然の掟であるから、だったら彼らも、絶滅させるのが自然の摂理ということになる。

山形の出会い
「そうじゃなくて。生命を大切にしながら、地球との共存をはかろうって言ってんだよ!!」とお叱りを受けるかもしれない。山形の出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です