keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
本当に質問がある山形の割り切り
未分類

本当に質問がある山形の割り切り

深く考えているかどうかわかりません。

なぜ「アオノリ」は緑色なのに?

先日、KNBラジオで「朝生で採れたて」

山形 〜割り切り出会い掲示板【情報】

タイトルについて質問がありました。山形の割り切り

この件に関しては、先週の同番組の「あかりの制作」というセクションで

照明デザイナーの角田さんが形容詞できる色は

白、黒、赤、青の4色しかないとおっしゃいました。

角田さんは色のエキスパートだからです。

白、黒、赤、青の4色とおっしゃいましたeは日本人にとって「重要な」色です。

日本の立場からすると、山形の割り切り

古代日本語では、白、黒、赤、青の4色しかありません。

「準備しなかった」というのは本当ではないですか?

これらの4色ですべての色を表現し、

良く言えば、それは気楽なことであり、さらに悪いことに、それはラフです。

もう少し詳しく説明させてください。

理解しやすくするために、別の例えを使用してみましょう。

「人間」には「男」と「女」という大きなククリがあります。

そしてそのククリモトに

例えば、木下和也、陸田陽子、柳川明子(「摘みたての広い朝生」の性格)、

など、それぞれに無限の数の名前があります。

したがって、

山形の割り切り木下和也を知っている人は、彼が「木下和也」と呼ばれていることを知っていますが、

知らない人はそれが何であるかを知りません。

「男性的」と言えば、誰にでも効きます。

言い換えれば、個人名が形容詞になることはめったにありません。 (有名人かもしれません)

男性的、女性的、男性的など、人間を使用する言葉では、

言葉は男性または女性によって作られています。

同様に、ククリモトの4色、白、黒、赤、青、

アサギカラー、グンジョウカラー、ダイダイカラーなど、色の名前は無限にあります。

だが、山形の割り切り

色を使う言葉は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です